【借金が膨れ上がった経緯】

リボ払いは最初がいいが元本が減らない

数年前までは、ずっと、勤めでエスティシャンをやっておりましたが、独立して自分の店を出しました。

もちろん、ある程度の貯えをした上での独立だったのですが、やはり、何かとお金がかかります。

無借金での経営を目指してはいたものの、お客さんの波が激しいのと、広告費(ホットペッパーなど)そして、アルバイトのお給与で、うまく調整がつかず、お客さんはいないのに人件費が出ていくとか、広告を打ってもお客が来ないとかで、ついつい借金が増えていきました。

・クレジットカードでのショッピング(個人的なものではなくお店のもの)のリボ払い

・キャッシングのリボ払い

これらが最初はリボ払いにしていたので、そんなにきつくはなかったのですが、全然、借金の額が減らず、なんとかしたいなあ、と思っておりました。

それで、知り合いの人から、日本政策金融公庫から安い金利で借りて、それで借金をまとめたら、と言われたので、なんとか、言われるがままの書類を準備して、提出したのですが、結果は、審査が通らず、融資は出ませんでした。

すごいショックでしたが、理由は分かりません。

ただ、月々の返済に加えて、家賃、水道光熱費、材料費、リース料と今のままでは、安定してお店をやっていけないと思い、税理士さんに相談したら、

「どうせ、借り入れできないのであれば、借り入れ分だけでも債務整理でリスケしたらどうです?」

「リボ払いなんて、まず利息だけの支払いで元本は減らないですよ」

と言われて、そういう方法があるのかと思いました。

思いはしましたが、

「債務整理とか、弁護士なんて、ちょっとなあ」

という思いもあり、結局、苦しい支払いを継続しておりました。

きっかけは危険なリース契約

ところがある日、お店に、看板の営業の方が来て、実は、集客が安定しない、というお話をしたところ、

「無料お試しで3カ月間、看板を出して頂けます」

「それで全く効果がなければ契約解除してもらって結構です」

と言われて、その気になってしまいました。

ところが、なんか話がおかしくなってきて、契約書を出されて、

「これは仮です」

「3カ月経って、効果が感じられなければ契約解除して、当社が3か月分の代金をお支払いします」

とか言われて、契約書にサインして、担当者の人から、

「信販会社から確認の電話が入るので、必ず、全部『ハイ』と答えてくださいね」

と言われ、その通りにしました。

ですが、なんか怖くなってしまい、税理士の人に相談したら、

「それはマズい」

「すぐに弁護士を紹介するからその人に相談して」

と弁護士さんを教えてもらい、契約書を見せたところ、

「普通に、150万円のリースを組む契約です」

「契約解除しても、残りのリース料は支払わなくてはならないようになっていますよ」

と言われ、すぐに弁護士さんがその業者に連絡をとってくれました。

しかし、弁護士さん曰く、

「担当者はちゃんと説明したって言ってますよ」

「普通に看板設置のリースを組んだだけですって」

と言われて、目の前が真っ暗になりました。

ですが、弁護士さんは、信販会社にも連絡を入れてくれて、リースの実行をストップしてくれました。

間一髪でした。

そして、これを機に、徹底的に支払いをスリム化しようと、こころに決めて債務整理を依頼することにしたのです。

【ご相談後の経緯】弁護士より解説

まずは確認したのは、債務整理をすると、与信情報に傷がつく、ということと、債務の総額はたいして減らないということでした。

いわゆるブラックリスト状態になると、今後5年間ぐらいは、あらたな借り入れはできないし、リースも組めない、ローンも組めないということを何度も御説明しました。

ですが、

「これ以上、借金や債務を増やすようならお店をとじないといけないと思う。」

「そうすると、リースやら何やらもあるので、多分、破産しなくてはならない。」

「お店は、苦しいけれど、トントンなので、やれるだけやりたい。」

ということでした。

ただし、借金総額は減らせないので、問題は、どれだけ月々の返済期間をとれるかでした。

一応、最大目標7年間として、交渉してみました。

ですが、やはり債権者も渋ってきました。

ただ、ここで短い期限での和解にしてしまうと、何のために、ブラックリスト危険を冒してまで債務整理に踏み切ったのは訳がわからなくなってしまうため、いろんな資料を出したり、時に放っておいたりして、結論としては、全債権者について長期の支払い分割の合意ができました。

【債務整理後の感想】ご依頼者様より

今後は、利息もなく、払った分だけ借金が減っていくということですから、結果として良かったと思っております。

これで、晴れて(?)私は5年間、ブラックリストに載ることになったのですが、これによって、変なリースを組まされることも逆に言えばないわけです。

これ以上、借金を増やしたら、どっちにしろ、経営的にはアウトですので、今後は、借金に頼らずに売り上げを伸ばす方法を考えます。

まだまだ、未熟経営者ですが、これからも、よろしくお願いします。